交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

株式会社ビッグアームの年間表彰式

昨日、広島県をはじめ、全国に焼肉ぶちなどの焼肉店を展開している

 

株式会社ビッグアームの年間表彰式

 

にご招待をいただき出席してきました。

 

場所は東広島市に今月オープン予定の

 

Virtue7(バーチューセブン

 

の店舗内で行われました。

 

 

ビッグアームさんではこれまで「ぶち」以外にも「焼肉ごろう」などの高級店も出店していま

したが今回の店舗はワインセラーも備えた更にレベルの高い店舗でした。

 

各店舗の店長から、貢献度の高いアルバイト店員への方への表彰などもあり、皆さんが頑張っ

ているのが伝わってきました。

 

プロボクシング元日本ウェルター級チャンピオンであり、同社社長の坂本孝雄社長、

ご招待ありがとうございました。

|-|trackbacks(0)

基町高校のドラマ

私の事務所の近くに

 

広島市立基町高校

 

があります。広島県内では屈指の進学校らしいのですが、同校の前を

とおりましたらポスターが貼ってありました。

 

 

画像が横になってしまいましたが、基町高校が舞台になったドラマが

 

ふたりのキャンパス

 

8月1日にNHKで放送されるそうです。

 

この基町高校は、校舎の建築が独特な様で、昨年大ヒットした映画

「君の名は」の主人公が通っている高校が同高校校舎をモデルに

していることでも有名になっていました。

 

ドラマ楽しみにしています。

 

|-|trackbacks(0)

広島東洋カープ元監督 野村謙二郎さんの講演会

先日、先輩弁護士に誘われて

 

クラブビュークス13周年パーティーで行われた

 

広島東洋カープ元選手・監督である

 

野村謙二郎さんの特別講演会に出席させていただきました。

 

 

野村謙二郎さんは

1988年にドラフト1位で広島東洋カープに入団

1991年に主力としてリーグ優勝を経験

1995年には史上6人目のトリプルスリー(打率.315、32本塁打、30盗塁)を記録

2005年に現役引退

2010年から5年間広島東洋カープの監督を務め、現在の勢いの地盤を固めた

方であります。

 

現在、広島大学大学院でコーチング理論についての研究をされているということで

監督自体の話から、現在の研究まで興味深い話を拝聴いたしました。

 

また、講演会の後半では、質疑応答の時間があったのですが、さすが、広島の方は

質問が相当野球に専門的でした。

 

昨日はデーゲームでエルドレッドの3連続本塁打で解消したこともあり会場の

雰囲気も非常によかったです。

 

勉強になりました。

|-|trackbacks(0)

広島三栄ジム・板垣幸司選手、世界三位に敗北

広島でのスポーツというと、現在カープとサンフレッチェの話題ばかりです。

が、それ以外はなかなか地元紙でも報じられないのが現状です。

そんな中、4月24日広島の呉で、広島三栄ジムの興業で

日本L・フライ級4位の

板垣幸司選手



WBC世界L・フライ級3位の

レイ・ロレト選手(フィリピン)


と対戦しました。

板垣選手は負けも多い選手ですが、ライトフライ級は日本チャンピオンになれば世界に直結する
階級で、その中での「日本ランク4位」は、スパーリング相手も十分にいないと思われる地方ジム所属
としては、かなり立派な選手です。
(参考)板垣選手の戦績

そして相手のレイ・ロレト選手は、最近勢いのいい選手の多いフィリピン出身。
最近5連勝中で、この勝利の中には元世界チャンピオンが2人もいます。
かなり調子のよい選手です。
(参考)ロレト選手の戦績

残念ながら、結果は

4回KO負けでした。
記事:板垣、金星ならず(Boxing news)

地方興業で、間違いのない実力者を呼んで自主興行を行った広島三栄ジムの意気込みには拍手を
送りたいです(ロレト選手を招へいするためにはかなり高額のファイトマネーを支払ったはずです)。
今回、私は体調が悪くこの試合を見に行くことはできなかったのですが、次回は是非、足を運びたいです。

しかし、これだけ気合の入った興業を地元でしてるというのに、スポーツ欄でも全く扱わない
地元新聞はこれでいいんでしょうか。カープとサンフレッチェ以外にも頑張っている広島の
スポーツはありますよ!
 
|-|trackbacks(0)

広島の経済界に知る人ぞ知る名ボクサーが・・・!

広島市やその周辺を車で走らせていると、いたるところにある

ホルモン焼肉ぶち

おいしい焼肉が安く食べれる店です。先日このぶちのHPを拝見していると
運営会社の代表取締役の方の名前と顔に見覚えが・・・・!!!!

元日本ウェルター級チャンピオンの坂本孝雄さん
ではないですか!!!!
※万が一、人違いならすいません。。

生涯戦跡は9勝(9KO)2敗と総試合数こそ少ないですが、
ハードパンチは有名でうる覚えですが、
「当時の世界チャンピオンとスパーリングをしてダウンを奪ってきた」
という有名な逸話があったはずです(その世界チャンピオンが誰なのかは
ちょっと思い出せません・・・)。
※追記(2016/4/27)
 先日、坂本孝雄さんと直接お会いできる機会があり、スパーリングでダウンを
 とった世界チャンピオンは、「ジョニー・バンフス」であることをお聞きしました!

階級が重量級で日本人選手と世界トップレベル
との差は相当あるので、この逸話はかなりインパクトのあるものでした。
生涯戦跡の詳細については海外のサイトにデータが全て残っております。

そして、坂本孝雄さんは、数少ない
東京ドームで試合をした日本人選手
となります。
東京ドームでボクシングの興行が行われたのはわずかに2回だけなので、ドームで試合を
した選手はほとんどいないのです(辰吉丈一郎選手もその一人です)。
坂本さんは、1988年3月21日に、開業して数日しか経っていない東京ドームで
マイク・タイソンがトニータップスと対戦したときの前座を務めておられます。

残念ながらその試合は敗戦となりますが、負けた相手も後の名チャンピオン吉野弘幸選手
ですので、この試合は日本ボクシング史に残る名試合(番狂わせ)として語られることが
あります。

太く短いプロボクサー人生でしたが、今現在、広島の地で実業家として成功されている
というのは、本当に素晴らしいですね。坂本孝雄さんのご活躍を知り、心から嬉しくなりました。

 
|-|trackbacks(0)


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市