交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

不定期連載・株式会社を作ってみよう

これまで個人で事業を行ってきて「法人成り」を考えている方、

会社を辞めて自ら会社を作り事業アイデアを実現しようとする方

から会社設立に関する依頼を受けることが、最近増えてきています。

 

そういう方や、将来会社を作ることを考えていらっしゃる方も含めて

一度「株式会社の作り方」を簡単に解説してみようと思います。

 

不定期の連載になりますがご容赦ください。

 

結論からすれば、株式会社を作ることは意外と簡単です。

 

特に平成17年に会社法が作られてからは簡単になりました。

 

会社設立には5つの「簡単」ポイントがあります。

 

〇駛楸發錬臼澆韮錬法

 今から10年ほど前は、日本で株式会社を作るには最低1000万円の

 資本金が必要でした。しかし、今はその制限はなく資本金は1円から作る

 ことができます。

 ※ただし、会社を設立するには印紙代など行政機関に納めるお金が

  30万円は必要です。

 

会社の役員は1人でOK!

 非公開会社(株式の譲渡を制限している会社)なら、会社の役員は取締役

 1人で足ります。

 

2饉厂召麓由に設定できる!

 昔の法律では、同じ市町村に同じ事業目的の商号(会社の名前)は付ける

 ことができませんでした。現在は同じ住所でなければ自由に商号を付ける

 ことができますので、商号調査の負担が小さくなりました。

 ※商号が商標登録をされている場合は、使用差止や損害賠償の可能性が

  あるので一定の商号調査の必要はあります。

 

ぁ嵎Ч金保管証明書」が不要!

 以前は、銀行などに資本金を払い込む際「払込金保管証明書」という書類を

 発行してもらう必要がありましたが、現在は発起設立なら預金通帳のコピーで

 代用できます。

 

これから、会社設立の手続きについて段階を追って不定期に連載させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

|-|trackbacks(0)


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市