交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

<< 2015年とは、あの映画の「未来」だった! | main | 「不安」と「危険」の峻別〜無用な差別を生まないために >>

広島の経済界に知る人ぞ知る名ボクサーが・・・!

広島市やその周辺を車で走らせていると、いたるところにある

ホルモン焼肉ぶち

おいしい焼肉が安く食べれる店です。先日このぶちのHPを拝見していると
運営会社の代表取締役の方の名前と顔に見覚えが・・・・!!!!

元日本ウェルター級チャンピオンの坂本孝雄さん
ではないですか!!!!
※万が一、人違いならすいません。。

生涯戦跡は9勝(9KO)2敗と総試合数こそ少ないですが、
ハードパンチは有名でうる覚えですが、
「当時の世界チャンピオンとスパーリングをしてダウンを奪ってきた」
という有名な逸話があったはずです(その世界チャンピオンが誰なのかは
ちょっと思い出せません・・・)。
※追記(2016/4/27)
 先日、坂本孝雄さんと直接お会いできる機会があり、スパーリングでダウンを
 とった世界チャンピオンは、「ジョニー・バンフス」であることをお聞きしました!

階級が重量級で日本人選手と世界トップレベル
との差は相当あるので、この逸話はかなりインパクトのあるものでした。
生涯戦跡の詳細については海外のサイトにデータが全て残っております。

そして、坂本孝雄さんは、数少ない
東京ドームで試合をした日本人選手
となります。
東京ドームでボクシングの興行が行われたのはわずかに2回だけなので、ドームで試合を
した選手はほとんどいないのです(辰吉丈一郎選手もその一人です)。
坂本さんは、1988年3月21日に、開業して数日しか経っていない東京ドームで
マイク・タイソンがトニータップスと対戦したときの前座を務めておられます。

残念ながらその試合は敗戦となりますが、負けた相手も後の名チャンピオン吉野弘幸選手
ですので、この試合は日本ボクシング史に残る名試合(番狂わせ)として語られることが
あります。

太く短いプロボクサー人生でしたが、今現在、広島の地で実業家として成功されている
というのは、本当に素晴らしいですね。坂本孝雄さんのご活躍を知り、心から嬉しくなりました。

 
|-|trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市