交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

<< 2015年09月08日のつぶやき | main | 模擬裁判員裁判への参加 >>

天空の蜂

先日先輩弁護士に連れられてみて来ました。



これです。

「天空の蜂」

舞台は1995年夏、自衛隊に搬入予定であった超大型ヘリコプターがのっとられ
福井にある架空の原発「新陽」の上空にホバリング。
犯人は政府に対して、「即時日本のすべての原発を停止しなければ、『新陽』に
爆弾を積んだヘリを墜落させる」という要求。
ヘリコプターには子どもが乗せられた状態・・・

そんな設定から始まります。

この映画は、素直に見ていて面白いエンターテイメント作品ですが、一方で原発
の問題点を原発を推進(運用)する側からの葛藤、原発に反対する側からの葛藤
の両面からバランスをとってうまく表現しています。
映像も内容も、とにかくすごい。

先日、弁護士会で「原発再稼働の是非」という表題でシンポジウムを行ったのですが、
講師として招いた元原発設計士である後藤政志さんが懇親会の席で、天空の蜂について
「良くできている映画」と話していました。犯人の動機等も見ると、後藤先生の言葉が
なるほどな、と思わされます。
原発のはらむ矛盾に葛藤する人たちを描きながら、

本当は誰が狂ってるのか?

というテーマは深く考えさせられます。

この映画は東野圭吾さんいよって1995年に発表された同名の小説が原作となっていますが
東日本大震災より15年以上前に、原発についてここまで抉った作品があったとは、脱帽
です。

原作も一読させていただきましたが、原発の必要性にも触れつつ、原発を作ることでの危険性
・苦悩も触れています。
原発推進であれ、反対であれ、どちらの立場に立った上でも言い訳をさせない良作です。


 
|-|trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市