交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

<< 裁判官のパンイチ姿SNS投稿〜どう見るか? | main | 広島弁護士会HPのハッキングについて >>

映画「FAKE」を観覧して

昨日、横川シネマで広島での初日を迎えた

 

映画「FAKE」

 

を観覧してきました。

 

 

監督はオウム真理教側でのドキュメンタリー作品「A」の監督

でもある

 

森達也監督

 

2014年に世間で騒がれたいわゆる佐村河内守氏・新垣隆氏両名

によるゴーストライター騒動を佐村河内守氏側に立って撮影された

ドキュメンタリー映画です。

 

今年に入って映画評論家を対象に行われた試写で、かなり反響があった

ことが報じられていたため、私も前々から興味があり、昨日横川シネマで

森監督のトークショーもあわせて行われるということ聞き、早速観覧して

まいりました。

 

この映画は、決して佐村河内守氏を全面的に擁護するものではありませ

んが、新垣隆氏をある意味英雄視し、半面佐村河内氏を一方的に陥れる

マスコミ報道に一石を投じる内容です。

 

特に、映画全般を通じて観客が佐村河内氏に対してずっともち続ける

「ある疑問」に対して映画の終盤に森監督が仕掛ける「ある提案」に応じる

佐村河内氏の「ある行為・作業」を見ると、少なくとも新垣隆氏の事件

発覚後のマスコミに対する説明に大きな疑念が出ます。

※最後の12分のシーンは「話さないでください」ということらしいの

 でこういう表現でしか書けずすいません。

 

分かりやすい結論・文脈でしか報じられないマスコミ報道の本質は何か?

そして、ゴーストライター騒動に限らず、物事を白黒で簡単に二分化している

のはマスコミではなく、国民なのではないか。

 

そんなことを考えさせられる作品でした。

 

なお、映画の最後のシーンでの佐村河内氏に対する森監督の「ある一言」

は、一気に疑問が解決した観客を再度一気に疑念に引きずり戻します。

 

が、最後のトークショーで森監督に質問させていただく機会があり、その

疑念は考え過ぎだったようです。

 

とにかくすごい作品でした。主要な劇場では公開されないようですが、

横川シネマのお近くにお住まいの方は是非見てください。

 

凄い。

 

※映画評論家の町山智弘氏の解説です。

 

 

 

 

 

 

 

|-|trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市