交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

<< インフルエンザの特効薬 | main | 広島の経済界に知る人ぞ知る名ボクサーが・・・! >>

2015年とは、あの映画の「未来」だった!

1985年といえば、私はまだ小学校にも入学しておらず、鼻をたらした子どもでした。
そして、2015年は既におじさんです。この二つの年代が何を意味するのか。

知っている人は知っています。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

の舞台となる、現代(1985年)と未来(2015年)です。

この映画の舞台となる2015年では、車は空を飛び、その車の燃料はゴミで良く、
アメリカでは弁護士制度は廃止されて刑事裁判が犯人逮捕からすぐに行われるという、
驚くべき社会となっていました。

小学生になって未来が舞台となるバックトゥザフューチャー2(1989年公開)
を見て、子どもだった私は心躍らせました。

こんな未来が待ってるのか!!!

時は経ち、今2015年の町並みを見ると、映画のようなダイナミックな技術の進歩は
ないような気がします。
1985年に人間が見て、驚くのはパソコンの普及とインターネット技術の進歩くらいでしょうか?
少し残念な気もします。

話は変わりますが、同映画で主演した
マイケル・J・フォックス
は私の子どもの頃のヒーローですが、残念ながら10年以上前に難病のパーキンソン病に
罹患していることを告白し、2002年のアメージングハイウェイを最後に俳優としての
活動はしていません。
名作バック・トゥ・ザ・フューチャーの公開から30年周年の記念すべき年です。
元気なマイケル・J・フォックスを見たいというファンもたくさんいるのではないでしょうか?
この映画に出ている主要キャストは、日本にいる私たちにはなかなか目の触れる作品に出ていないので
全キャストが揃う姿を、今年是非是非見たいのです。



 
|-|trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市