交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

勉強会:歴史的建造物保護の法的課題

昨日、広島弁護士会館にて、「歴史的建造物保護の法的課題」という表題で

 

上智大学教授・弁護士の越智敏裕先生をお招きいたしまして勉強会を開催いたしました。

 

平日の夜という中、一般の方にも多数ご参加いただき誠にありがとうございました。

 

私が関わる弁護士会主催の行事につきましては、弁護士会の広報だけでなく、この

 

ブログでも今後告知させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

|-|trackbacks(0)

Paix◆淵撻據砲気鵑離薀ぅ

先週土曜日、保護司の活動で佐伯区区民センターで行われた

 

第67回社会を明るくする運動佐伯区推進大会

 

に出席してきました。

 

 

「社会を明るくする運動」というネーミングが抽象的すぎて伝わらないと思いますが

 

要は「社会に更生保護について理解を深めてもらおう!」という活動です。

 

記念講演(というか記念コンサートでした)では

 

Paix(ペペ)さん

 

という女性2人組歌手のお話と歌を聞かせていただきました。

 

 

お二人は刑務所など全国の刑事施設などでコンサートを開いている方で、既に

その回数は400回を超えており、2014年にはお二人とも保護司の任命を受けています。

 

前向きな歌が多く、帰りがけには本を買わせていただきました。

 

これからも、プリズンコンサートがんばってください。

 

 

 

|-|trackbacks(0)

松居一代さんのyoutube動画投稿に関して思うこと

今週に入り、タレントの松居一代さんが動画投稿サイトである

youtubeに、夫である船越英一郎さんとの関係について

そして週刊文春との関係について情報を発信しておられます。

 

松居一代離婚騒動 小倉智明氏「ネットを使って全面戦争、

理解できない」(デイリースポーツオンライン

 

youtubeを見なくとも朝のニュースでも繰り返し取り上げられており

第三者として見ていて、その内容の真偽はともあれいい気持ちで見れる

内容ではありません。

 

船越英一郎さんは既にマスコミを通じて離婚調停を申し立てたことを

発表しています。

 

松居一代騒動で船越英一郎事務所「離婚調停は事実」(日刊スポーツ

 

有名芸能人の方の影響力というものは相当なものでしょうから、もしかしたら

これから夫婦間のことについて、同様の行為、つまり自分の主張をyoutube

など不特定多数の第三者が閲覧できる状況でアップロードをされる方が

少なからずでてくるかもしれません。

 

松居一代さんの主張の真偽は分かりませんし、この騒動について具体的に

言及はいたしませんが、夫婦間のもめ事について自らの主張をyoutube

などにアップロードされることは、一般論ですが絶対にやめてください。

 

アップロードする内容によっては、アップロードしたという行為自体が

 

夫婦関係を完全に破たんさせ、婚姻を継続しがたい事由

 

として評価されて

しまい、結果離婚が認められることもあるでしょう、アップロードした内容

そのものが名誉棄損等になる場合には別途慰謝料を支払わなければならない

事態になる可能性もあります。

 

youtube等の動画は一度アップロードしてしまえば、場合によっては半永久的に

消すことができません。

 

真似をされる方がでないことを望みます。

 

|-|trackbacks(0)

歴史的建造物保存に関する勉強会のお知らせ

現在私が委員長を務めさせていただいている

 

広島弁護士会公害対策環境保全委員会で

 

上智大学法学部教授・法科大学院教授・弁護士・博士(法学)

である越智敏裕先生をお招きして、

 

「歴史的建造物をどう守るか〜都市の記憶を次世代に残すには〜」

 

という表題で勉強会を下記日程で行います。

 

一般参加可・参加費無料・予約不要です!

 

                 記

日時:平成29年7月10日(月)午後6時〜(講演90分、質疑応答30分程度)

場所:広島弁護士会館2階ホール

 

広島には原爆ドームや鞆の浦など歴史的遺産が多数存在しており、この講演会は、

身近な素材を基に、環境法的な思考を深める機会となるものと考えています。

 

ふるってご参加ください!

 

 

|-|trackbacks(0)

不定期連載・株式会社を作ってみよう

これまで個人で事業を行ってきて「法人成り」を考えている方、

会社を辞めて自ら会社を作り事業アイデアを実現しようとする方

から会社設立に関する依頼を受けることが、最近増えてきています。

 

そういう方や、将来会社を作ることを考えていらっしゃる方も含めて

一度「株式会社の作り方」を簡単に解説してみようと思います。

 

不定期の連載になりますがご容赦ください。

 

結論からすれば、株式会社を作ることは意外と簡単です。

 

特に平成17年に会社法が作られてからは簡単になりました。

 

会社設立には5つの「簡単」ポイントがあります。

 

〇駛楸發錬臼澆韮錬法

 今から10年ほど前は、日本で株式会社を作るには最低1000万円の

 資本金が必要でした。しかし、今はその制限はなく資本金は1円から作る

 ことができます。

 ※ただし、会社を設立するには印紙代など行政機関に納めるお金が

  30万円は必要です。

 

会社の役員は1人でOK!

 非公開会社(株式の譲渡を制限している会社)なら、会社の役員は取締役

 1人で足ります。

 

2饉厂召麓由に設定できる!

 昔の法律では、同じ市町村に同じ事業目的の商号(会社の名前)は付ける

 ことができませんでした。現在は同じ住所でなければ自由に商号を付ける

 ことができますので、商号調査の負担が小さくなりました。

 ※商号が商標登録をされている場合は、使用差止や損害賠償の可能性が

  あるので一定の商号調査の必要はあります。

 

ぁ嵎Ч金保管証明書」が不要!

 以前は、銀行などに資本金を払い込む際「払込金保管証明書」という書類を

 発行してもらう必要がありましたが、現在は発起設立なら預金通帳のコピーで

 代用できます。

 

これから、会社設立の手続きについて段階を追って不定期に連載させていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

|-|trackbacks(0)


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市