交通事故に強い広島の弁護士の徒然日記

広島の経済界に知る人ぞ知る名ボクサーが・・・!

広島市やその周辺を車で走らせていると、いたるところにある

ホルモン焼肉ぶち

おいしい焼肉が安く食べれる店です。先日このぶちのHPを拝見していると
運営会社の代表取締役の方の名前と顔に見覚えが・・・・!!!!

元日本ウェルター級チャンピオンの坂本孝雄さん
ではないですか!!!!
※万が一、人違いならすいません。。

生涯戦跡は9勝(9KO)2敗と総試合数こそ少ないですが、
ハードパンチは有名でうる覚えですが、
「当時の世界チャンピオンとスパーリングをしてダウンを奪ってきた」
という有名な逸話があったはずです(その世界チャンピオンが誰なのかは
ちょっと思い出せません・・・)。
※追記(2016/4/27)
 先日、坂本孝雄さんと直接お会いできる機会があり、スパーリングでダウンを
 とった世界チャンピオンは、「ジョニー・バンフス」であることをお聞きしました!

階級が重量級で日本人選手と世界トップレベル
との差は相当あるので、この逸話はかなりインパクトのあるものでした。
生涯戦跡の詳細については海外のサイトにデータが全て残っております。

そして、坂本孝雄さんは、数少ない
東京ドームで試合をした日本人選手
となります。
東京ドームでボクシングの興行が行われたのはわずかに2回だけなので、ドームで試合を
した選手はほとんどいないのです(辰吉丈一郎選手もその一人です)。
坂本さんは、1988年3月21日に、開業して数日しか経っていない東京ドームで
マイク・タイソンがトニータップスと対戦したときの前座を務めておられます。

残念ながらその試合は敗戦となりますが、負けた相手も後の名チャンピオン吉野弘幸選手
ですので、この試合は日本ボクシング史に残る名試合(番狂わせ)として語られることが
あります。

太く短いプロボクサー人生でしたが、今現在、広島の地で実業家として成功されている
というのは、本当に素晴らしいですね。坂本孝雄さんのご活躍を知り、心から嬉しくなりました。

 
|-|trackbacks(0)

土砂災害被災者からの質問

先日、この夏の広島市内で発生した土砂災害の被災者から、以下のような相談を
受けました。

質問
土砂災害が発生した直後に、緊急的に賃貸物件に入居した。
これからも入居し続けたいが、広島市が(借主を被災者のままにして)賃料を補助できない
と言っている。広島市が借主となる所謂借り上げ住宅制度があるのに、不公平ではないか?


広島市が行っている民間借り上げ住宅制度(広島市が借主となって、被災者に住んでいただく
制度です)は、災害救助法という法律に基づいて行われています。この法律の中に、
民間借り上げ住宅制度も規定されているのですが、

災害救助法は、被災者に対して金銭支給ではなく、
現物支給をもって被災者支援をすることが規定されています。

つまり、災害救助法では、都道府県や市町村が被災者に借り上げ住宅を現物支給することを
規定していても、家賃相当額となる金銭を補助することは規定されていないのです。

広島市に問い合わせましたら、災害救助法に基づいた家賃補助支給は困難であるため
別途家賃補助の可能性については対応を協議しているとのことでした。

多くの被災者に適した制度が準備されることが望まれます。
|-|trackbacks(0)

土砂災害の被災者向け講義

10月12日(日)土砂災害の被害が特に酷かった八木地区で、私が所属している
災害復興ワーキンググループからの派遣で、被災者向けの勉強会の講師を
粟井良祐弁護士と共に勤めさせていただきました。

場所は民家でしたが30人弱の方が参加しての勉強会です。

災害復興ワーキンググループでは、必要があれば
住民向けに
仝什漾行政で被災者向けに準備している支援策
土砂災害に関連した法律問題とその対処
その場での相談会

などを提供させていただいています。

土砂災害から約2ヶ月が経とうとしていますが、住民の方がこの2ヶ月弱の間、非常に
ご苦労されてきたことが、その場でのやり取りで改めて認識することができました。

できる限りの支援をこれからもさせていただきます。
|-|trackbacks(0)

サンフレッチェ広島 J1逆転の二連覇!!

ということなんですが,一見広島の地はとても落ち着いているように
思います。この広島の地に来て約半年ですが,広島カープと比べて
歴史が浅いせいか,サンフレッチェは

ひっそりと地元に根付いている気がします,ひっそりと。

しかし,横浜マリノスに前々節に大手をかけられながらの逆転優勝といい
数日前の例の松井市長の失言といい,サンフレッチェ広島が優勝はマンガのような
展開で本当に面白かったです。

あとは,佐藤寿人が日本代表に呼ばれればいいんですが,これまでのことを
考えるとどれだけ結果残しても代表には呼んでくれないのでしょうか…


 
|-|trackbacks(0)

昨日のクライマックスシリーズ巨人戦

昨日のクライマックスシリーズ巨人戦でも広島は負けてしまいました…
マエケンで勝てなかったことは,残念です。

これで巨人は3勝(ペナントレース1位で1勝のアドバンテージ含む)。
あとがありません。

しかし,0勝3敗から一気に4連勝を信じるしかないです!

こういう状況で思い出すのが,私が1989年の日本シリーズ巨人対近鉄戦。
巨人が3連敗で完全に日本シリーズ敗戦ムードが漂う中,
第3戦で近鉄の投手がヒーローインタビューで放った挑発的な一言

大したことなかった

シーズンの方がよっぽどしんどかった


に対して憤慨した香田勲男投手が,第4戦で近鉄に完封勝利したことをきっかけに

いっきに4連勝で日本シリーズを制した試合を思い出します。
香田投手は引退まであまり勝ち星を挙げる投手ではありませんでしたが,
この1989年の日本シリーズ第4戦のスローカーブを武器にした
大活躍イメージが子どもの頃の記憶として鮮明に残っています。かっこよかった。


※香田勲男元投手

何があるか分からないからこそ,カープの4連勝に期待です!

ちなみにクライマックスシリーズ広島対巨人戦第1戦は,
この広島の地で,なんと…

視聴率40.2%!!!!

だ,そうです。広島の地ではとんでもないことになっています。
参照:http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131017-OHT1T00085.htm
|-|trackbacks(0)


石森総合法律事務所

〒730-0004
広島県広島市中区東白島町19-73 エスペランス城北601
弁護士 石森雄一郎

電話:082-836-7830

FAX:082-836-7867

広島県広島市
広島県広島市